トランクルームおすすめ総合ランキング
  • 部屋の収納スペースでは足りなくなってきている
  • 収納しきれない荷物で部屋があふれかえっている
  • 季節ものは、シーズン外は使わないから他の場所に移動したい
  • バイクを保管しておける場所が欲しい
  • 溢れているコレクションを整理して、部屋をスッキリさせたい

などといったことで、悩んでいませんか!?

そんな中でも
部屋の収納場所を賢く有効活用して、やりくりをしていませんか!?

しかし、近年では、

トランクルームを利用して収納の問題を解決するという選択肢を選ぶ人が急増しています。

トランクルームの需要の急速な拡大に伴って、
トランクルームの市場規模は約10年で2倍以上に拡大しています。

その反面、
住居の床面積は、年々減少傾向にあるのが現状です。

つまり、

収納スペースとしてトランクルームを活用することで、
収納場所は確保しながら、住居はコンパクトになっている傾向にあります。

もし、あなたが、
すぐに必要ではないものに部屋を占領されているなら、
トランクルームを活用することは、賢い選択肢の一つといえます。

とはいえ、

あなたは、トランクルームを利用するのにこんな不安はありませんか!?

  • 料金はどれくらいかかるの!?
  • トランクルームの保管環境って大丈夫なの!?
  • 防犯体制はしっかりしているの!?
  • 使いこなせるようにしっかりとしたサポートはあるの!?
  • サイズや種類は、自分に合ったものがあるかな!?

もし、あなたが今までトランクルームを利用したことがなければ、
こういったことを不安に思うのは当然だと思います。

そこで、

今回は、
保管環境・料金・セキュリティ・サポート・サイズと種類など、
トランクルームを選ぶときに、考慮したいポイントを総合して、
おすすめのトランクルームを3つに厳選して紹介します。

正直、トランクルームに限らず、サービスの比較は難しいところがあります。

サービスごとの体験談などはありますが、
その人は、そのサービスしか使っていなく、実際はそこしか知らないケースも多々あります。

それで、サービスの良さは把握することはできますが、
比較となると、他を知らなければできません。

もちろん、体験談には、そのサービスの使い勝手などの実体験を知れる良さはあります。

それは、いいトランクルームを選ぶときに知っておきたい情報です。

しかし、

トランクルームを比較するとなると、

「このサービスとあっちのサービスの違いはどこにあるのか!?」
「その違いによって、どんなメリットの違いがあるのか!?」

といった視点でトランクルームを見ていく必要があります。

当サイトでも、
体験談をもとに執筆されている記事もあります。

しかし、

今回は、各トランクルームの違いを精査したうえで、
おすすめのトランクルームを紹介するという
比較検討したいあなたにとって最適な形で執筆しました。

単純なトランクルーム紹介とは一味違った、
厳選したトランクルームランキングを
あなたのトランクルーム選びに役立ててください。

トランクルームとは!?

トランクルームとは?

トランクルームとは、倉庫法によって定められた倉庫業者が運営する、
個人や企業が荷物を倉庫業者に預けて保管しておくことができる
「貸倉庫」のことを指します。

収納スペースの貸し出すのみの場所貸しの収納スペースは、
法律上はトランクルームは名乗れないので、
「レンタルボックス」や「レンタル収納スペース」というのが正確です。

しかし、

一般的には、「レンタルボックス」や「レンタル収納スペース」も
総称してトランクルームと呼ばれています。

当サイトでも、
一般的な広い意味でのトランクルームとして、
おすすめのトランクルームを紹介しています。

トランクルームの種類

トランクルームの種類
トランクルームの種類を大きく分けると、
「屋内型」「屋外型」「宅配型」
の3つのタイプに分けることができます。

もう少し細かく分類すると、
トランクルームタイプは、以下のような種類に分けることができます。

  • 屋外型コンテナタイプ
  • 屋内型コンテナタイプ
  • 屋内型ビルタイプ
  • 屋内型一軒家タイプ
  • ガレージタイプ
  • バイクボックスタイプ
  • ネット宅配タイプ

屋外型コンテナタイプ

屋外型コンテナタイプのトランクルームは、
駐車場のようなだだっ広い敷地に収納用のコンテナが設置されている
ようなタイプのトランクルームです。

屋外型トランクルームの特徴としては、

  • トランクルーム自体の作りが頑丈
  • 比較的安い費用で広いスペースを利用できる
  • 車を横付けして荷物の搬入・搬出ができる

などといったメリットがある反面、

  • 空調設備などが温度・湿度などの影響を受けやすい
  • 敷地内までは、誰でも入ってくることができる

といったデメリットもあります。

広いスペースが必要な大型の荷物の収納や
温度や湿度の影響を受けにくい荷物の保管に適したタイプのトランクルームです。

屋内型コンテナタイプ

屋内型コンテナタイプのトランクルームは、
倉庫内に収納用コンテナが設置されているタイプのトランクルームです。

屋内型コンテナタイプは、
いわゆる倉庫業者が運営するトランクルームに多いタイプで、
ほとんどの人には、あまり馴染みのないタイプかもしれません。

屋内型コンテナタイプの特徴としては、
基本的には、屋外型コンテナタイプとほとんど変わりません。

しかし、屋外型コンテナタイプに比べて、

  • 室内なので、雨風の影響を受けにくい
  • 倉庫業者の場合がほとんどなので、その場合は、業者管理で荷物を保管することができる
  • 荷物の搬入・搬出が業者の営業時間に左右される
  • 荷物の搬入・搬出に業者の付き添いが必要

といった違いがあります。

収納スペースを借りるのではなく、
業者に丸投げして荷物を預けてしまいたい場合に適したタイプのトランクルームです。

屋内型ビルタイプ

屋内型ビルタイプのトランクルームは、
ビル内の区切られた一室を収納スペースとして利用するタイプのトランクルームです。

屋内型ビルタイプの特徴としては、

  • 2重ロックなど、セキュリティがしっかりしていて、防犯面で安心
  • 空調設備が設置されているケースも多く、温度や湿度の影響を受けにくい
  • 雨風の影響を受けない
  • コンパクトなサイズからラインナップが揃っている場合が多い

といったメリットがある反面、

  • 屋外型に比べて、スペースの広さに対しての料金が高め

といったデメリットがあります。

温度や湿度の影響を受けやすい荷物を保管しておきたい場合や
防犯面でしっかりしたトランクルームに保管したい
大切な荷物の収納に適したタイプのトランクルームです。

屋内型一軒家タイプ

屋内型一軒家タイプのトランクルームは、
一軒家タイプの建物の中に区切られた一室を
収納スペースとして利用するタイプのトランクルームです。

屋内型一軒家タイプの特徴としては、
基本的には、屋内型ビルタイプとほとんど変わりません。

しかし、
屋内型一軒家タイプの場合、屋内型ビルタイプの特徴に加えて、

  • 無料駐車場が完備されているケースが多い
  • 建物内にトランクルーム以外の施設が入っていないので、部外者の侵入対策がより万全

といった特徴があります。

屋内ビルタイプにも、こういった特徴を持っているところもあるので、
屋内型一軒家タイプだけの特徴をいうわけではありませんが、
屋内型一軒家タイプだと、こういった特徴があるケースがより多いです。

屋内型一軒家タイプのトランクルームに関しても、
屋内型ビルタイプと同じく、

温度や湿度の影響を受けやすい荷物を保管しておきたい場合や
防犯面でしっかりしたトランクルームに保管したい
大切な荷物の収納に適したタイプのトランクルームです。

ガレージタイプ

ガレージタイプのトランクルームは、
シャッター式のガレージタイプのスペースを
収納スペースとして利用するタイプのトランクルームです。

ガレージタイプにも、屋内型と屋外型があります。

ガレージタイプのトランクルームの特徴としては、

  • かなり広いサイズのスペースまで用意されている
  • 荷物のメンテンス作業場としても利用できる

といった特徴があります

屋内型と屋外型の違いとしては、
作業場としても利用するなら、雨風の影響をより受けにくい屋内型のほうが
より安心という違いがあります。

在庫商品や作業用具や自転車と工具一式など
多くのスペースが必要な場合やちょっとした作業場としても利用したい場合に
適したタイプのトランクルームです。

バイクボックスタイプ

バイクボックスタイプのトランクルームは、
バイクの収納に特化したタイプのトランクルームです。

バイクボックスタイプの特徴としては、

  • バイクスロープが完備されている
  • ヘルメットや整備道具を一緒に収納できる棚が付いている

といった特徴があります。

バイクと一緒に整備品などを保管しておくなら、
ガレージ倉庫ではなく、バイクボックスのほうが適しています。

ネット宅配タイプ

ネット宅配タイプのトランクルームは、
荷物をダンボールに入れて宅配で送り、
送った先で保管してもらうタイプのトランクルームです。

ネット宅配タイプの特徴としては、

  • 自分で荷物を運んで搬入する手間がない
  • 少量の荷物なら、無駄な広さのスペースを借りる必要がなく経済的
  • 保管した荷物は、保管した際に写真が送られてきて確認ができる

といったメリットがある反面

  • ダンボール1箱ごとに月額料金がかかるので、多くの荷物を収納するには不向き
  • ダンボールに入るサイズのものしか保管することができない
  • 宅配でやり取りするので、搬入・搬出の度に費用が発生する
  • 宅配の時間があるので、欲しい時にすぐに取り出せない

といったデメリットがあります。

ダンボールに入るサイズの小さな荷物や
急に必要にならないようなに荷物を
手軽に保管する収納スペースが欲しいときに適したタイプのトランクルームです。

トランクルームの選び方のポイント

トランクルームの選び方のポイント
トランクルームの種類を紹介してきました。

でも、

「実際、どんなところに注意してトランクルームを選べばいいの!?」

と思いませんか!?

そこで、おすすめのトランクルームの紹介する前に
トランクルームの選び方のポイントについても紹介していきます。

初期費用や月額料金を比較する

トランクルームを借りる時に、少しでも無駄な費用はかけたくないですよね!?

そのためには、
トランクルームの初期費用や月額費用、
さらに、それ以外の諸費用をしっかり比較することが大切です。

具体的には、

検討したいサイズや保管環境と同等くらいのものを
しっかり比較することです。

サイズや設備やサービスに違いがあれば、
当然料金は変わってきます。

ですから、
あくまで近い条件のトランクルームを比較して、
どちらがお得かを判断するようにしましょう。

利用用途に合ったトランクルームを選ぶ

トランクルームを選ぶときには、
利用の仕方も考慮しておくのも大切なポイントです。

例えば、

車で荷物の搬入・搬出をするのであれば、
駐車場の有無や近くに安いパーキングがあるかもチェックしておきたいですし・・・、

会社の荷物を保管するなら、会社の近くのほうがいいですし・・・、

逆に、自宅の荷物を保管するなら、自宅の近くのほうがいいですよね!?

その他にも、

荷物を頻繁に入れ替えるのか・・・
トランクルームを利用するのは、主にどんな時間帯か・・・
家族で利用するのか、一人で個人的に利用するのか・・・

などといった点でも、
重視するポイントは変わってきますよね!?

トランクルームを選ぶときは、
あなたの利用の仕方を考慮した視点で選ぶようにしましょう。

保管したい荷物に合ったタイプのトランクルームを選ぶ

あなたの利用する用途に加えて、
どんなものをトランクルームに収納しておくかも
トランクルームを選ぶ時に考慮しておきたいポイントです。

例えば、

衣類や布団・ひな人形や精密機械など・・・。

こういったものは、
カビやダニなどの防止の意味でも温度と湿度の対策がしっかりした
空調設備が万全のトランクルームがいいですよね!?

コレクション品なんかも大切に保管しておきたいですね。

また、

保管環境は多少気になるけど、
通気性の良い収納の仕方をすれば、大丈夫というケースもあるかもしれません。

逆に、
保管環境にそれほど左右されない荷物であれば、
必要以上の保管環境のトランクルームを選ばないようにすることで、
料金を抑えることもできます。

それだけではなく、
荷物によっては、防犯面をより重視したい場合もありますよね。

また、

保管する荷物の大きいか小さいか・・・
量は、多いか少ないか・・・

によっても、変わってきます。

トランクルームを選ぶときは、
どんな荷物を保管するために使うのかも苦慮して、
検討するようにしましょう。

空調設備の有無など保管環境をチェックする

保管環境もトランクルームを選ぶ時に考慮しておきたいポイントです。

保管した大切な荷物がカビやダニのトラブルに遭ったら、
目も当てられないですよね!?

ですから、

温度や湿度などに左右されるような荷物を保管する時は、
しっかりと空調設備が万全に整ったトランクルームを選ぶようにしましょう。

逆に、

保管環境にそれほど左右されない荷物を保管する時に、
必要以上の空調設備のしっかり整ったトランクルームを選ぶと・・・、

料金が高くなってしまうので、もったいない出費になってしまいます。

また、

トランクルーム内の清潔さというのも、
保管環境という意味でチェックしておきたいですね。

このように、
あなたの保管する荷物に合った、十分な保管環境が整ったトランクルームを
無駄なく安い費用で収まるように選ぶことも
トランクルーム選びで考慮しておきたいポイントです。

短期で利用するのか長期で利用するのか?

トランクルームを利用する期間も
場合によっては、考慮しておきたいトランクルーム選びのポイントです。

特に、短期利用の場合・・・、

初期費用が高いと、月額料金が安くても、
結果的に総額としては、高くついてしまう可能性が高くなります。

逆に、

多少、初期費用が多めにかかったとしても、
月額料金が安ければ、長く使うことで、
最終的な総額は安くなる可能性があります。

どれくらいの期間の間に利用するかによって、
お得度が変わってくるケースもあるので、

あなたが、どれくらいの期間・・・、
短期で利用するのか、長期で利用するのかは、
トランクルーム選びの時には考慮しておきましょう。

荷物の運搬サービスの有無をチェックする

トランクルームの中には、
荷物の運搬サービスがあるところもあります。

ほとんどの場合、別途で料金がかかりますが、
大きな荷物などの保管したい時には、非常に便利です。

トランクルームの運搬サービスは、
ほとんどの場合、割引が利くので、通常よりお得に利用することができます。

特に、

車がなかったリ、自家用車では運べないような荷物の場合は、
荷物の運搬サービスがあるかどうかは、チェックしておきたいポイントです。

利用する場所を検討する

トランクルームを選ぶ時に、
利用する場所を考慮するのもチェックしておきたいポイントです。

少し前にすでに書いたように、

利用する場所が自宅なら、自宅の近くで選んだほうが便利ですし、
会社の荷物の保管なら、会社の近くのほうが便利ですよね!?

これ以外にも、

例えば、

あなたの利用したい場所が土地柄的に料金が高めの地域だった場合・・・、

「車でトランクルームを利用できるなら、
少しだけ外れたところでもっと安く借りられないか・・・」

といった選び方をすることもできます。

また、

電車での移動の場合でも、

「移動区間内でより安い場所で借りられないか・・・」

などといった選び方もできます。
(定期区間内でしたら、追加で費用もかかりませんよね!?)

このように、
トランクルームの利用場所を少し広い視野で選ぶことで、
検討の幅をもっと広げることができます。

荷物の量に合ったサイズのトランクルームを選ぶ

トランクルームを選ぶときは、
荷物の量に合ったトランクルームを選ぶのもポイントです。

例えば、

ダンボールに収まるような荷物を少量保管するなら、
宅配型トランクルームで十分です。

もう少し、
大きなものや多くの量を収納したいのであれば、
屋内型トランクルームがいいかもしれません。

さらに、

大きなスペースが必要であれば、屋外型コンテナタイプ・・・、
さらに、上ならガレージタイプなど・・・。

とはいえ、

他の条件が一緒なら、
トランクルームサイズは大きければ大きいほど、
費用は多くかかります。

ですから、

小さなスペースを借りすぎると不便ですが、
大きなスペースを借りすぎると、無駄に費用がかかってしまいます。

できるだけ、余計な費用をかけずに、しかも便利にトランクルームを利用するために、
荷物の量に合ったサイズのトランクルームを選ぶようにしましょう。

セキュリティが十分がチェックする

トランクルームを選ぶときに、
セキュリティがしっかりしているかは、気になりますよね!?

特に、大切なコレクションや集めているものなどは、
しっかりとした防犯体制で保管しておきたいですよね。

しかし、

ここでも、重要なのは、
あなたの荷物にどれくらいのセキュリティ体制が必要かを判断することです。

セキュリティに関しても、
より厳重になれば、それだけ費用は多くかかってきます。

どうしても大切なものだから、セキュリティ面に糸目はつけないようなものもあれば、
そこまで大げさなものでもないという場合もあるでしょう。

そこまで、セキュリティ面を重視して費用をかけたら、
逆に余計なお金がかかってもったいないと感じるケースもあるかもしれません。

ですから、

あなたが保管する荷物で
「これくらいのセキュリティがあれば十分」というラインで
余計な費用をかけすぎないという視点で選ぶようにしましょう。

トランクルーム総合おすすめランキング!!!

トランクルーム総合おすすめランキング

  1. キュラーズ Qurazキュラーズ Quraz

    キュラーズ【Quraz】

    料金:
    3100円~(通常料金)
    タイプ:
    屋内型
    料金 3.0
    保管環境 5.0
    セキュリティ 5.0
    サポート 5.0
    種類の豊富さ 4.0
    総合 4.4
    キュラーズのおすすめポイント

    高品質な保管環境で、ダニやカビのこの無条件を排除
    スタッフが施設内を清掃・巡回
    3重ロックによる厳重なセキュリティ
    エレベーターは、利用階しか止まらない
    日中は、スタッフが常駐
    コールセンターも常設されている
    初期費用が安い

    キュラーズ

    キュラーズの基本情報
    • 初期費用:使用料(当月日割り分+翌月分)・セキュリティカード代(2300円)のみ
    • セキュリティ:ALSOK・スタッフ常駐(10:00~17:00)
    • 保険:火災保険・盗難保険
    • 対応エリア:札幌・新潟・東京・神奈川・千葉・名古屋・大阪・広島・福岡
    • 店舗数:主要都市に67店舗以上
    • 利用可能時間:24時間365日
    • 利用開始までの日数:最短即日
    • 最低利用期間:最短で翌月末日(日割り不可)
    • 支払い方法:口座振替・クレジットカード
    • オプション:運搬サービス・無料シャトル
    キュラーズは、こんな人におすすめ
    • 初期費用をあまりかけたくない
    • しっかりと管理された万全の保管環境で利用したい
    • わからないこともすぐに聞けるサポート環境があるか不安
    • 盗難などの防犯面が不安
    • キレイな環境で気持ちよくトランクルームを利用したい
    キュラーズの詳細情報

    キュラーズのトランクルームは、
    保管環境・セキュリティ・サポート面で非常に優れたトランクルームです!!!

    トランクルームの品質が非常に高く、
    安心してトランクルームを利用したい方におすすめです!!!

    単純な月額料金はそれほど安いというわけではありませんが、
    トランクルームをしての品質の高さから考えると
    かなりコスパのいい料金設定になっています。

    また、

    初期費用としてかかる項目もほとんどなく、
    解約時の解約料金もかからないため、
    トランクルームの初めの費用を少なく済ませたい場合もおすすめです。

    初期費用が少なく済むため、気軽に利用し始めやすく、
    長期の利用はもちろんですが
    短期の利用にも非常に向いています!!!

    ただ、

    対応地域がそれほど多くはないので、
    地域によってはキュラーズの店舗自体が近くにない可能性があります。

    また、

    キュラーズのトランクルームは、
    ビル型屋内タイプのみなので、
    保管環境の良い状態で収納しておきたい荷物の保管に
    非常に適したトランクルームです!!!

    キュラーズのトランクルームは、保管環境だけではなく、
    セキュリティやサポート面も非常に優れているので、

    保管環境の良い状態で収納しておきたい荷物の保管に限らず、
    大事に保管しておきたい荷物やカビやダニなどのダメージが気になる荷物の収納に、
    非常に適したトランクルームです!!!

    キュラーズのメリットとデメリット
    メリット デメリット
    温度湿度管理がしっかりしている 初期費用は安いが、月額料金は少し高め
    セキュリティ対策レベルが非常に高い 店舗が主要都市中心
    サポート体制が非常に優れている 屋内型店舗のみ

    キュラーズの適性診断
    キュラーズのレビュー

  2. 加瀬のトランクルーム加瀬のトランクルーム

    加瀬のトランクルーム

    料金:
    1019円~(通常料金)
    タイプ:
    屋内型・屋外型
    料金 5.0
    保管環境 3.0
    セキュリティ 4.0
    サポート 4.0
    種類の豊富さ 5.0
    総合 4.2
    加瀬のトランクルームのおすすめポイント

    申し込み月の使用料が無料
    管理費・共益費が無料
    月額料金が安い
    トランクルームの種類が豊富
    サイズの形状が豊富
    店舗数が多い
    初期費用が安い

    加瀬のトランクルーム

    加瀬のトランクルームの基本情報
    • 初期費用:使用料(翌月分)・事務手数料(使用料の1か月分)
    • セキュリティ:ALSOK
    • 保険:盗難・火災・漏水
    • 対応エリア:北海道・青森県・秋田県・岩手県・宮城県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・山梨県・群馬県・栃木県・茨城県・静岡県・岐阜県・愛知県・三重県・大阪府・兵庫県・奈良県・滋賀県・鳥取県・香川県・徳島県・高知県・愛媛県・福岡県・熊本県・宮崎県・鹿児島県・佐賀県
    • 店舗数:全国1400店舗以上
    • 利用可能時間:24時間365日
    • 利用開始までの日数:最短即日
    • 最低利用期間:最短で翌月末日(日割り不可)
    • 支払い方法:口座振替・クレジットカード
    • オプション:運搬サービス
    加瀬のトランクルームは、こんな人におすすめ
    • とにかく安くトランクルームを利用したい
    • 初期費用をあまりかけたくない
    • 近くに店舗があるか不安
    • 歴史の長いトランクルーム会社を選びたい
    • いろんな形やサイズから自分好みのトランクルームを選びたい

    加瀬のトランクルームの詳細情報

    加瀬のトランクルームは、
    料金の安さ・トランクルームの種類・対応地域の多さ・トランクルームのサイズの多さ
    という面で非常に優れたトランクルームです!!!

    初期費用と月額料金がともに非常に安いので、
    料金の安いトランクルームを探している場合は、
    一番目の候補として、チェックしておきたいトランクルームです。

    また、

    店舗数が多いので、近場でも見つかりやすく、

    さらに・・・、

    屋内型や屋外型・バイクボックスなど
    トランクルームの種類も多く、サイズも豊富に用意されているので、

    目的に合ったトランクルームが見つかりやすいのが特徴です!!!

    また、

    セキュリティに関しても、ALSOKと提携しているので安心です。


    ただ、


    加瀬のトランクルームは老舗のため、
    様々な場所に店舗がある反面、
    場所作られた時期によって設備の状態にばらつきがあるようです。

    「古い店舗の中には、新しい店舗に比べると・・・」

    という可能性があるということです。

    そういった面では注意が必要なところはありますが、
    荷物によってはそれほど気にする必要がないものもありますので、

    ただ、

    あくまで最新の店舗と比べると・・・ということで、
    保管環境がすごく気になるデリケートな荷物を保管するのでなければ、
    それほど気にしなくてもいいケースも多いと思います。

    加瀬のトランクルームには、
    こういった注意する点はありますが、

    近くで見つかりやすく、用途に合ったトランクルームも見つかりやすく、
    しかも、月々の費用と初期費用の両方を安く抑えて利用できるので、

    利用する荷物の保管環境の条件がそこまでシビアではないのであれば、
    かなりお得に利用できるトランクルームです。

    もちろん、
    最新の設備の充実した店舗の中で、いいところを選べば、
    ある程度のデリケートな荷物の保管にも十分対応できます。

    とはいえ、総合的にみると、

    加瀬のトランクルームは、

    「利用目的に合ったタイプやサイズのトランクルームを近場で格安の料金で利用したい!」

    といった場合に非常に適したトランクルームといえます!!!

    加瀬のトランクルームのメリットとデメリット
    メリット デメリット
    初期費用も月額料金も両方安い 店舗によって設備にバラツキがある
    管理費が無料
    店舗数が多く、近場で見つかりやすい
    荷物に最適なサイズや形状が見つかりやすい

    加瀬のトランクルームの適性診断
    加瀬のトランクルームのレビュー

  3. ハローストレージハローストレージ

    ハローストレージ

    料金:
    1650円~(通常料金)
    タイプ:
    屋内型・屋外型
    料金 4.0
    保管環境 4.0
    セキュリティ 4.0
    サポート 4.0
    種類の豊富さ 5.0
    総合 4.2
    ハローストレージのおすすめポイント

    月額料金が安い
    トランクルーム内がキレイで清潔
    店舗数が多い
    長期で利用するほどお得
    保障・保険がしっかりしている
    トランクルームの種類が豊富

    ハローストレージ

    ハローストレージの基本情報
    • 初期費用:使用料(当月日割り+翌月分)・管理費(2ヶ月分)・事務手数料(1か月分)・鍵代(屋外型4400円・屋内型3080)・セキュリティ登録料(屋内型1100円)・安心保障パック(月額550円or880円)
    • セキュリティ:セコム・ALSOK
    • 保険:火災・破裂・爆発・盗難
    • 対応エリア:北海道・青森・宮城・福島・東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・群馬・茨城・愛知・岐阜・三重・静岡・新潟・石川・長野・福井・富山・山梨・大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀・岡山・広島・鳥取・島根・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島
    • 店舗数:全国1500店舗以上
    • 利用可能時間:24時間365日
    • 利用開始までの日数:申し込みから7日程度
    • 最低利用期間:最短で翌月末日(日割り不可)
    • 支払い方法:口座振替・クレジットカード
    • オプション:ハロー宅急便・整理収納アドバイザー派遣・ラック販売組み立て・安心保証パック
    ハローストレージは、こんな人におすすめ
    • 月額料金の安いトランクルームだと保管環境が心配
    • 万が一の時の備えがしっかりしているか不安
    • 近くに店舗があるか不安
    • 広く展開している大きな会社のトランクルームを利用したい
    • 長期でトランクルームを利用したい
    ハローストレージの詳細情報

    ハローストレージのトランクルームは、
    保管環境・月額料金の安さ・対応地域の多さ
    という面で非常に優れたトランクルームです!!!

    店舗数が多く、近場で見つかりやすいトランクルームです。

    キュラーズほどではありませんが、
    保管環境もかなり優れているトランクルームのため、
    荷物の劣化が気になる場合にも安心して荷物を保管しておけます。

    屋内型・屋内型の両方のタイプのトランクルームがあり、
    それぞれのタイプで安心して利用しやすいトランクルームです。

    セキュリティに関しても、
    セコム・ALSOKのどちらかと提携しているため安心です。

    料金面でに関しても、かなり安い料金設定になっています。

    ただ、月額料金は、かなり安い部類の料金設定になっているのですが、

    初期費用に関しては、
    費用がかかる項目が多いため、最初に支払う費用は多めになってきます。

    そのため、

    ハローストレージは
    長期利用が前提でないと、
    なかなか手軽には利用しづらい部分があるかと思います。

    とはいうものの、

    トランクルーム自体の保管環境は、かなり質が高いですし、
    近場で見つかりやすく利用しやすいというメリットもあります。

    また、

    月々の料金は安くなっているので、
    初期費用が安くて、月々の料金が普通のトランクルームを借りるよりは、
    長く使っていれば、差額分で結果的にお得になってきます。

    さらに、

    大手のトランクルームという安心感もありますので、
    そういった面では比較的安心感もあります。

    ハローストレージのトランクルームは、

    「大手のトランクルーム会社の品質の良いトランクルームを近場で安く利用したい!」

    という場合には非常に適したトランクルームです!!!

    ハローストレージのメリットとデメリット
    メリット デメリット
    月額料金が安い 初期費用が高め
    保障を充実させることができる 月額料金以外に管理費が必要
    長期利用なら、安く利用できる 利用開始までの期間が長め
    店舗数が多く、近場で見つかりやすい

    ハローストレージの適性診断
    ハローストレージのレビュー

今回紹介したおすすめトランクルームの比較表

おすすめトランクルームの比較表

キュラーズ【Quraz】 加瀬のトランクルーム
(レンタルボックス)
ハローストレージ
トランクルームタイプ 屋内型 屋内型・屋外型 屋内型・屋外型
月額料金(通常料金) 3100円~ 1019円~ 1650円~
初期費用 使用料(当月日割り分+翌月分)・セキュリティカード代(2300円) 使用料(翌月分)・事務手数料(使用料の1か月分) 使用料(当月日割り+翌月分)・管理費(2ヶ月分)・事務手数料(1か月分)・鍵代(屋外型4400円・屋内型3080)・セキュリティ登録料(屋内型1100円)・安心保障パック(月額550円or880円)
セキュリティ ALSOK・スタッフ常駐(10:00~17:00) ALSOK セコム・ALSOK
保険 火災保険・盗難保険 盗難・火災・漏水 火災・破裂・爆発・盗難
対応エリア 札幌・新潟・東京・神奈川・千葉・名古屋・大阪・広島・福岡 北海道・青森県・秋田県・岩手県・宮城県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・山梨県・群馬県・栃木県・茨城県・静岡県・岐阜県・愛知県・三重県・大阪府・兵庫県・奈良県・滋賀県・鳥取県・香川県・徳島県・高知県・愛媛県・福岡県・熊本県・宮崎県・鹿児島県・佐賀県 北海道・青森・宮城・福島・東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・群馬・茨城・愛知・岐阜・三重・静岡・新潟・石川・長野・福井・富山・山梨・大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀・岡山・広島・鳥取・島根・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島
店舗数 主要都市に67店舗以上 全国1400店舗以上 全国1500店舗以上
利用可能時間 24時間365日 24時間365日 24時間365日
利用開始までの日数 最短即日 最短即日 申し込みから7日程度
最低利用期間 最短で翌月末日(日割り不可) 最短で翌月末日(日割り不可) 最短で翌月末日(日割り不可)
支払い方法 口座振替・クレジットカード 口座振替・クレジットカード 口座振替・クレジットカード
オプション 運搬サービス・無料シャトル 運搬サービス ハロー宅急便・整理収納アドバイザー派遣・ラック販売組み立て・安心保証パック

トランクルームサイズの選び方

トランクルームサイズの選び方

良さそうなトランクルームが見つけたとしても、

「どれくらいのサイズを選べばいいのか!?」

という部分で迷ってしまうのではないでしょうか!?

トランクルームサイズは、
狭すぎると荷物が入らなくなってしまいすし、

逆に、広すぎると月額費用が多くかかってしまいます。

トランクルームに収納する荷物に応じて、
適したサイズのトランクルームを選ぶようにしましょう。

ロッカーサイズ(BOXタイプ)のトランクルーム

ミカン箱サイズのダンボールが、
6個ほど入るくらいの大きさのトランクルームサイズです。

通常の屋内型トランクルームの高さは、2メートルほどですが、
ロッカーサイズ(BOXタイプ)のトランクルームの高さは、
1メートルほどと少し低めになっています。

例えば、

「本・ゲームソフト・アルバム・食器・防災セット」

など、小さなものを収納するのに適したトランクルームサイズです。

0.5畳~0.8畳サイズのトランクルーム

ミカン箱サイズのダンボールが、
24個~35個ほど入るくらいの大きさのトランクルームサイズです。

0.5畳~0.8畳サイズからは、
ロッカーサイズに比べ、高さも高くなるので、
背の高い荷物も収納できるようになってきます。

保管する荷物の例としては、

「サーフボード・スキー板・ギター・テント・衣類」

などがあります。

1畳~1.5畳サイズのトランクルーム

ミカン箱サイズのダンボールが、
48個~72個ほど入るくらいの大きさのトランクルームサイズです。

1畳~1.5畳サイズのトランクルームになってくると、
大型の家具や大型家電などを除けば、
ワンルームの家具一式が収納できる程度の広さになってきます。

また、

ファミリーのサブ収納スペースとしても利用できるくらいの広さでもあります。

保管する荷物の例としては、

「チャイルドシート・ゴルフバック・クリスマスツリー」

などがあります。

1.5畳~2畳サイズのトランクルーム

ミカン箱サイズのダンボールが、
72個~96個ほど入るくらいの大きさのトランクルームサイズです。

1.5畳~2畳サイズのトランクルームになってくると、
大型の家具や家電なども含めて、
ワンルームの家具一式をまとめて収納できる程度の広さになってきます。

保管する荷物の例としては、

「小さめの洗濯機や冷蔵庫・ベビーベッド・机や椅子」

などがあります。

3畳~4畳サイズのトランクルーム

ミカン箱サイズのダンボールが、
144個~192個ほど入るくらいの大きさいのトランクルームサイズです。

3畳~4畳サイズのトランクルームになってくると、
2~3人家族くらいの家具一式をまとめて収納できる程度の広さになってきます。

保管する荷物の例としては、

「テレビ・バイク・自転車・ファミリーサイズの冷蔵庫や洗濯機」

などがあります。

5畳以上のサイズのトランクルーム

普通のマンションの一室くらい大きさのトランクルームサイズです。

5畳以上のサイズのトランクルームになってくると、
家具一式を収納しても十分な広さですし、
商品在庫の保管などの利用にも使えるほどの広さになってきます。

その他にも、

「引越しの際の荷物の一時置き場として・・・」
「仕事用の工具置き場として・・・」
「出張中の家財道具の置き場所として・・・」

など、多様な場面で利用できるトランクルームサイズです。

トランクルームを利用するメリットとデメリット

トランクルームを利用するメリットとデメリット

トランクルームの利用者は年々増えていて、
実際に、空室状況を見てみると、
かなり埋まっていることがわかります。

では、

トランクルームを利用するメリットとはどんなものでしょうか!?

また

どんなデメリットがあるのでしょうか!?

トランクルームのメリットとデメリットについて紹介していきます。

トランクルームのメリット

部屋の荷物をスッキリさせることができる

トランクルームに荷物を移動してしまうと、
部屋にものが少なくなるので、部屋がスッキリします。

部屋がスッキリすることで、
気持ちが良いですし、レイアウトの移動を楽しむ余裕も出てきます。

コレクションの保管庫として利用できる

コレクションだけの部屋は、夢がありますよね!?

トランクルームを
そんなコレクションだけの秘密基地のように利用することもできます。

また、

家族に気兼ねなく、個人的な楽しみを満喫できるのも
トランクルームにコレクションを保管する魅力です。

季節もやイベント用品などの収納に利用できる

洋服のように季節によって使わないものを
トランクルームに収納してしまえば・・・、

部屋の収納がスッキリしますし、目当ての服も見つかりやすくなります。

また、

クリスマスグッズ・バーベキュー用品やストーブやこたつなど・・・、

かさばる時期ものの荷物の保管にも便利です。

リフォームや引越し時の一時保管場所として利用できる

リフォームや引っ越し時の荷物を
一気に片付けるのは、かなり大変ですよね!?

そういった際の荷物をトランクルームに一時的に保管することで、
少しずつ持ってながら、片付けていくことができます。

引越しの時などの山のようなダンボールの壁から脱出できて、
凄く便利です。

防災用品や備蓄の保管場所として利用できる

防災用品や備蓄の保管場所としても、
トランクルームは、便利に利用できます。

トランクルームに保管しておけば、
自宅で、ものをあっちこっちやってるうちに
どこにしまったかわからなくなることが起こりません。

災害時も安心ですよね!

思い出の品や記念品やもらいものなどの収納場所として利用できる

思い出の品や記念品などは、
大切にとっておきたいですが、普段使うようなものではありませんよね!?

そういった大切にとっておきたいものを捨てずに保管しておけるのも
トランクルームのメリットです。

必要な広さ収納スペースをを気軽に利用することができる

多くのトランクルームは、
24時間365日いつでも荷物の移動が可能なので、
気軽に利用することができます。

また、

トランクルームの広さも、あなたの荷物の量によって
適したサイズを選べるので、余計な費用がかかりにくくなっています。

部屋を片付けるキッカケになる

トランクルームに荷物を収納して部屋がスッキリすると、
部屋に残った荷物は、少なくなります。

そのため、

「どこから片付ければいいかわからない」

といったことがなくなります。

部屋から荷物を減らすだけでなく、
さらに、片付けるキッカケになるのもトランクルームのメリットです。

トランクルームのデメリット

月額の利用料かかかる

トランクルームを借りるには、月額料金がかかります。

トランクルームによって、程度の差はありますが、
その他にも、初期費用や諸費用がかかってきます。

これは、トランクルームを借りなければ必要ない費用なので、
トランクルームを利用するデメリットです。

メリットを考慮して、
割に合うか合わないかを検討してみましょう。

荷物の出し入れに移動が必要

トランクルームに収納してある荷物は、
荷物の出し入れをする時に、
どうしてもドランクルームまでの移動が必要になります。

頻繁に利用するようなものは、
自宅に置いておくようにしましょう。

トランクルームによって設備やサービスが違う

トランクルームの設備やサービスは、
トランクルームによって違いがあります。

また、

同じトランクルームでも、
店舗によって違いがある場合もあります。

あなたの荷物に適した環境かどうか・・・
あなたの使い方に合ったサービスがあるかどうか・・・

と考慮したうえで、トランクルームを選びましょう。

トランクルームは、どんな荷物の保管に利用されているの!?

トランクルームは、どんな荷物の保管に利用されているの?

トランクルームに
みんなは、どんなものを収納しているのでしょうか!?

トランクルームに収納している荷物の例を紹介します。

個人の利用で収納されている荷物の例

・スキー板・スノーボード板・テント・バーベキューセット・寝袋・クーラーボックス
・ひな壇・こいのぼり・五月人形・クリスマスツリー・ストーブ・扇風機・加湿器
・毛布・こたつ・布団・スタッドレスタイヤ・洋服・家財道具一式・バイク・自転車
・アルバム・メダル・トロフィー・靴・バッグ・フィギュア・プラモデル
・コスプレグッズ・ミニカー・切手・書籍・CD・ギター・ベース・カメラ
・ゴルフセット・スーツケース・リュックサック・衣類などの圧縮袋・ポーチ
・スリッパ・首用枕・アイマスク・ソーイングセット・雨具・折り畳み傘
・ベビーカー・チャイルドシート・ベッドメリー・ベビーバス・授乳枕・抱っこ紐・ベビー服

会社や個人事業や団体で利用されている荷物の例

・売り上げ伝票・過去の帳簿・過去年度資料・椅子・机・商品在庫・刊行物・DVD・・・・
・海外勤務中の社員の荷物

などなど、さまざまな荷物を保管しておくことができます。

トランクルームに保管する荷物は、人によってさまざまですので、
ここで挙げた以外にもいろいろなものを収納している方もいますが、

トランクルームに収納する荷物の具体例として参考にしてください。

トランクルームは、こんな用途で利用されています。

トランクルームはこんな用途で利用されています

近年では、多くに人がトランクルームを活用するようになってきています。

それでは、
トランクルームを利用している人は、
どんな風にトランクルームを活用しているのでしょうか!?

他の人がどんな活用をしているか気になるのではないでしょうか!?

ここで、
トランクルームのいろいろな活用方法を一気に紹介したいと思います。

  • オフシーズンアイテムの収納場所として活用
  • クローゼット代わりに衣類の保管場所として活用
  • 出張時の家財道具の保管場所として活用
  • 引越し・リフォーム時の荷物の保管場所として活用
  • バイクや自転車を整備品と一緒に収納する場所として活用
  • アルバム・記念品・もらいものなどの保管場所として活用
  • 靴やバッグなどのファッション小物の保管場所として活用
  • コレクション品や趣味のものの収納場所として活用
    (楽器・カメラ・ゴルフ・ミニカー・切手など)
  • 旅行用品の保管場所として活用
  • 一旦使わなくなった育児用品の収納場所として活用
  • 会社の書類の保管場所として活用
  • 机や椅子などと会社の備品の保管場所として活用
  • 在庫商品の保管場所として活用
  • 転勤中の社員の社内荷物の保管場所として活用

など、個人から事業用途まで、
さまざまな形でトランクルームは、活用されています。

とはいっても、

ざっくり分けると、

  1. 使用頻度の少ないものの収納
  2. 家財道具の一時置き場
  3. 趣味のものの収納

というのが、多くの人が活用している方法のようです。

あなたも、このどれかに当てはまるのではないでしょうか!?

トランクルームを選ぶ際は、
保管する荷物に合った環境のトランクルームを選ぶようにしましょう。

トランクルームの利用にかかる主な費用と相場

トランクルームの主な費用と相場

トランクルームの料金は、
トランクルーム会社や店舗によってさまざまです。

ですが、

  • トランクルームの利用におおよそどういった費用がかかるのか!?
  • どれくらいの費用がかかるのか!?

というのは、気になるのではないでしょしょうか!?

ここで、

トランクルームの利用にかかる主な費用と相場を紹介しておきます。

トランクルームの利用にかかる主な費用

トランクルームにかかる主な費用は以下の3つになります。

  • 月額料金
  • 初期費用
  • その他諸費用

トランクルームの料金をチェックする時は、
この3つの料金を確認するようにしましょう。

それぞれのトランクルームの費用の相場

それでは、トランクルームの利用でかかるそれぞれの費用の相場を
紹介していきたいと思います。

トランクルームによって、差がありますので、
一概にはいえませんが、一般的な相場として参考にしてください。

トランクルームの月額料金の相場

トランクルームの月額料金の相場は、
おおよそ、2千円~5万円くらいの間くらいが一般的です。

キャンペーン中ですと、
さらに、安くなっている場合もあります。

借りるトランクルームのサイズや立地やタイプ・会社によって変わってくるので、
できるだけ無駄のない条件のトランクルームを比較して選びましょう。

トランクルームの初期費用の相場

トランクルームの初期費用の相場は、
おおよそ【使用料の3ヶ月分+α】くらいが一般的です。

トランクルームの初期費用は、
トランクルーム会社によって、かなり違いがあるので、

同じ条件であれば、
できるだけ初期費用の項目が少ないトランクルームを選ぶようにしましょう。

トランクルームの諸費用の相場

トランクルームの諸費用の相場に関しては、
かかる項目がトランクルームによって変わってきます。

それぞれの諸費用金額に大きな違いがあるというよりは、
かかる費用の多さのほうが違いが出てくる感じです。

トランクルームの初期費用としてかかる項目

トランクルームの初期費用は、会社によって違いがあります。

ここでは、発生する可能性のある初期費用項目を紹介しておきたいと思います。

  • 翌月分まで程度の使用料の先払い
  • 翌月分まで程度の管理費の先払い
  • 事務手数料
  • 鍵代
  • セキュリティ登録費
  • 保証金
  • 敷金
  • 礼金

などといった項目が初期費用としてかかる可能性があります。

こういった費用が全て初期費用としてかかるトランクルームは少ないと思いますが、
発生する可能性のある初期費用として把握しておきましょう。

トランクルームの諸費用としてかかる項目

トランクルームの利用には、
月額料金や初期費用以外にも発生する可能性のある諸費用があります。

トランクルームの利用時に発生する可能性のある諸費用についても紹介しておきます。

  • 更新費用
  • 引き落とし手数料
  • 保険料
  • 支払い遅れの際の遅延金
  • 解約費用

などといった費用が諸費用としてかかる可能性があります。

こちらの諸費用も発生するトランクルームと発生しないトランクルームあるため、
トランクルームの申し込みの際に、しっかりと確認しておきましょう。

トランクルーム料金を少しでも安く抑えるコツ

トランクルームを借りるなら、
できるだけ安い料金で借りたいですよね!?

そこで、

トランクルーム料金を抑えるための選び方のコツを紹介します。

初期費用や諸費用の安いトランクルームを選ぶ

初期費用や諸費用は、トランクルームによって、かなり違いがあります。

トランクルームを安く借りるためには、
できるだけ、費用のかかる項目が少ないところを選びましょう。

それぞれの料金の大きさも気になりますが、
支払う費用の項目が少ないほど、
結果的な安くなる傾向があるので、
どちらかというと、項目の多さに注目してみてください。

荷物に合った保管環境のトランクルームを選ぶ

設備が充実しているほど、
トランクルーム料金は高くなってしまします。

そのため、

必要以上の保管環境は、余計な出費の原因になります。

荷物に合った最適な範囲の保管環境のトランクルームを選ぶようにしましょう。

最適なサイズのトランクルームを選ぶ

トランクルームのサイズに関しても、
広ければ広いほど料金が高くなってしまいます。

必要以上の広さも、余計な出費の原因になってしまいます。

収納したい荷物の量に合ったサイズのトランクルームを選ぶようにしましょう。

安い立地のトランクルームを選ぶ

トランクルームがある場所の立地も
余計な出費につながる原因になります。

トランクルームの場所は、近いほうが使いやすいですが、

場合によっては、

探す場所を少しずらすことで、
トランクルーム料金を安く済ますことがあります。

屋外型トランクルームを選ぶ

ほとんどの場合、屋外型トランクルームは、
屋内型に比べて、同じ広さであれば、安く借りることができます。

屋外型トランクルームで十分保管に問題ない荷物は、
屋外型を利用すると費用を安く済ますことができます。

2階以上のトランクルームを選ぶ

トランクルームは、
一般的に2階以上の上層階のほうが料金が安くなる傾向にあります。

特に、屋外型トランクルームの場合、
年間にすると結構な額になるくらい安くなったりすることが多いです。

1階よりは、荷物の移動がちょっと不便な面はありますが、
料金を安く抑えたいなら、検討する価値は十分あります。

割引キャンペーンを活用する

各トランクルームは、割引キャンペーンを行っているところも多くあります。

割引キャンペーンを活用すると、
料金はかなり安くなるので、しっかりと活用しましょう。

割引キャンペーンに関しては、
内容が変わったり、いつ終わるかわからないので、
行われているうちに活用するのがおすすめです。

トランクルームの申し込み~利用開始までの一般的な流れ

この記事では、総合的に見ておすすめのトランクルームを
絞って紹介しています。

気になるトランクルームは見つかりましたか!?

ここで、

利用したいトランクルームが見つかったあとの
申し込から利用開始までの流れを紹介したいと思います。

トランクルームの申し込みから利用開始までの一般的な流れは、
以下のようになります。

  1. インターネットか電話で申し込みをする
  2. トランクルーム会社からの連絡を待つ
  3. 店舗見学の予約を入れる
  4. 必要書類を記入し、提出して申し込みを行う
  5. 初期費用の支払いを済ませる
  6. トランクルーム会社から契約スペースの鍵を受け取って利用を開始する

利用するトランクルームによって、
違いはありますが、一般的な流れは、上記のような流れになります。

ほとんどの場合、
申し込みは、インターネットと電話のどちらでも行えますが、

トランクルームの利用を早く開始したい場合は、
インターネットからの申し込みがおすすめです。

電話対応ですと、トランクルーム会社に人が在中している時間に左右されますし、
時間によって電話がつながりにくかったりと、
スムーズなやり取りができない場合もあるからです。

自分が時間がとれて連絡したい時間帯は、
他の人も同じように連絡しやすい時間帯ということは多いと思います。

そうなると、
どうしても、電話が繋がりにくくてスムーズに手続きが進まない可能性が大きくなります。

トランクルームによっては、
電話で折り返しでの対応が必要な場合や
書類のやり取りが郵送の場合もありますが、
できる限り、インターネットで完結したほうが、利用開始はスムーズに進みます。

また、

店舗見学をするのであれば、
店舗見学の流れでそのまま申し込み書類を記入すると、
無駄なやり取りが少なく済み、スムーズに利用開始できます。

ここでは、
トランクルームの一般的な申し込みから利用開始までの流れを紹介しましたが、

今回紹介したおすすめのトランクルームの
具体的な申し込みから利用開始までの流れは、
各トランクルームのレビューページでしっかり紹介しています。

気になるトランクルームが見つかったら、
そのトランクルームのレビューページから確認してみてください。

【Q&A】トランクルームに関するよくある質問

利用前にトランクルームの内覧は可能ですか?
トランクルームの内覧は、
会社によって可能なトランクルームと不可なトランクルームがあります。

また、

基本的に内覧ができないトランクルーム会社でも、
店舗によっては、内覧可能な店舗があったりします。

どちらか判断が難しい場合は、
各トランクルーム会社に申し込みの際に相談してみてください。

今回紹介したおすすめのトランクルームですと、

  • キュラーズ→内覧可能
  • 加瀬のトランクルーム→店舗によって可能
  • ハローストレージ→内覧可能

となっています。

1ヵ月程度の短期の利用は可能ですか?
トランクルームの短期利用は、
基本的には、可能なところが多いです。

中には、
契約期間が長く設定されているトランクルームもありますので、
念のために、申し込みの際に確認しておくようにはしてください。

この記事で紹介しているトランクルームに関しては、
すべて短期での利用は可能です。

ただし、

初期費用として、申し込み翌月分までの使用料が先払いになるので、
申し込みも翌月末が最短での利用期間になります。

トランクルームのセキュリティは大丈夫ですか?
トランクルームのセキュリテの厳重さに関しては、
トランクルーム会社によって様々です。

ただ、屋内型を屋外型で比べれば、
屋内型のトランクルームのほうがセキュリティ面は安心です。

屋内型であれば、
建物内に入るのにも部外者は侵入できないですし、
さらに、個々の収納スペースもしっかり施錠がされています。

とはいうものの、

どのトランクルームでも、
収納するのに十分程度のセキュリティは備わっているので安心してください。

セキュリティ面で不安があるなら、
キュラーズがかなり厳重なセキュリティ体制でおすすめです。

夜間や早朝の利用は可能ですか?
トランクルームは、
基本的に24時間365日いつでも利用が可能です。

ただし、

倉庫業者のトランクルームに荷物を預ける場合は、
業者の立ち合いが必要になるので、業者の営業時間に左右されます。

近年、一般的に普及しているトランクルームは、
倉庫業者ではなく、収納スペースの賃貸という形態のトランクルームなので、
基本的に24時間365日いつでも利用という理解で問題ありません。

今回紹介しているおすすめのトランクルームも、
すべて基本的に24時間365日いつでも利用可能なトランクルームです。

トランクルームに保管してはいけないものはありますか?
トランクルームには、以下のようなものの保管はできません。

  • 腐ったりするなど異臭の原因になるようなもの
  • 現金や金融財産のようなもの
  • 火事などの危険があるような引火性のもの
  • 生きている動物や植物
  • 法律に触れるようなもの

その他にも、トランクルームごとに契約上禁止しているものもあるので、
心配な荷物がある場合は、申し込み時に相談するようにしてください。

契約書類で確認するとより確実ですが、
判断が難しい場合もあるので、相談してしまうほうがおすすめです。

学生や未成年でもトランクルームの契約は可能ですか?
学生や未成年のトランクルームの契約が可能です。

しかし、

一般的には、保証人を立てることが必要になります。

ただし、

学生や未成年の契約に関しては、
トランクルームによって、対応が変わってくる可能性があるので、
各トランクルーム会社に問い合わせるのがおすすめです。

ですが、

学生や未成年でトランクルームを利用する場合は、
保護者名義で契約するというのが一般的です。

トランクルームをバイクの保管場所として利用できますか?
屋外型トランクルームでしたら、
バイクの保管場所として利用することは可能です。

トランクルームによっては、
バイクを入れるためのスロープがレンタルや販売されている場合もあります。

ですが、

バイクを収納するのであれば、
バイクボックスのような専用のトランクルームを利用するのがおすすめです。

バイクの収納と一緒にヘルメットや整備道具など一緒に収納しておけるので、
バイクの収納ならバイクボックスやバイクヤードといった名称のトランクルームのほうが便利です。

今回紹介しているおすすめのトランクルームでいうと、
キュラーズは、屋内型のみなので、
加瀬のトランクルームがハローストレージで探すのがおすすめです。

住居としてトランクルーム住んでも大丈夫ですか?
トランクルームに住むことはできません。

トランクルームは、荷物を収納するスペースとして借りる契約になっています。

トランクルームに住むことは、契約違反になってしまうので、
発覚した場合、契約解除になる可能性がありますので、注意してください。

今回紹介したそれぞれのおすすめトランクルームを
適性別にまとめると・・・。

ここまで
オススメのトランクルームのランキングを紹介してきました。

それぞれのトランクルームをもっと詳しく検討したい場合は、
レビューページを確認してください。

また、どのトランクルームが適しているか確認したい場合は、
各トランクルームの適性診断ページで確認してみてください。

ただ、

ここでもそれぞれのトランクルームがどういった場合に適しているか
簡単に紹介しておきたいと思います。

  • とにかく品質の良いトランクルームをコスパの高い料金で利用したいなら、
    キュラーズのトランクルーム!!!
  • 様々な種類やサイズのトランクルームを近場で安く利用したいなら、
    加瀬のトランクルーム!!!
  • 初期費用は多めでも、様々な種類の品質の良いトランクルームを
    近場で安く利用したいなら、ハローストレージのトランクルーム!!!

今回紹介したおすすめのトランクルームの選び方のポイントをまとめると、
このような感じになります。

この選び方のポイントを参考に
あなたに合ったトランクルームを選んでみてください。

そして

気になるトランクルームが選べたら、
さらに詳しい各トランクルームの内容や適性を
各トランクルームのレビューページや適性診断のページを確認してみてください。